サイト名

EDはさまざま原因で発症する性機能障害です。

EDは男性ならだれにでも起こる性機能障害です。

勃起不全は、勃起しない、勃起が続かないなどの症状が起きる性機能障害の1種です。
勃起機能の低下という言葉を英語にしたErectile Dysfunctionの頭文字をとってEDとも呼ばれています。

EDはさまざま原因が重なることで発症します。特徴として男性なら年齢に関わらずだれにでも起きる可能性があります

EDは満足なセックスができるだけの勃起が起きているかが重要です。

上の項目に当てはまり、今のセックスに十分な満足感を感じていない場合、すでにEDが発症していると考えられます。

EDは思っているよりもとても身近な性機能障害です。
セックスに支障をきたすだけではとどまらず、ストレス、自信喪失など精神面においてとても大きな悪影響をあたえます。

EDが原因となり、精神面や生活にとても大きく影響する可能性もあります。

EDにある危険性は、想像よりもとても大きいものとなっています。

EDが夫婦を離婚させる原因にもなる

EDの悩みが男性の精神、生活に大きな影響をあたえると言われてもいまいち実感がわかないことは多いです。
ここで1例としてEDによる夫婦の離婚について考えてみたいと思います。

EDになってセックスに支障をきたす場合、男性だけでなく相手になっている女性にも影響をあたえます。

EDは男性にとってとても大きな問題です。気恥ずかしさ、男性としての誇りに関わるため、人に打ち明けることは、相手が気の知れた妻だとしてもとても勇気がいります。

EDだけど妻に打ち明けれない…EDであることも知られたくない…となった場合、男性はセックスを避けるようになっていきます。こうしてセックスレスが始まります。

セックスレスは、男性だけでは収まらない問題です。相手の女性からしてみれば理由がわからず避けられているようなものです。女性次第では、浮気を疑ったりもします。

セックスレスが長く続いたことにより、すれ違い、不信感が積みあがって離婚へと繋がっていきます。

セックスレスは、離婚動機の約10%をしめています。とても多いとは言えないかもしれませんが、決して少ないとも言えません。

離婚による精神的な苦痛はとても大きいものです。

EDから夫婦仲の危機に発展する前に、早めの解消を目指しましょう。

EDは一般的に原因によって4種類に分けられています。

EDは男性なら年齢問わずだれにでも起きる可能性がある性機能障害です。しかし、引き起こされるEDに年齢ごとの差がないわけではありません。

EDを引き起こす原因は複数あり、原因ごとに治し方、対策が変わることもあります。
EDは原因と対処法をもとに以下の4種類に分けられています。/p>

勃起は、性的な興奮を感じた時、男性器の血管が広がって血液がたくさん流れこむことにより発生します。

EDは、なんらかの原因により、血管が広がらない、幅が元にもどりやすくなっています。
その結果、血液が流れが悪くなって勃起しなくなります。

4種類のEDは、原因には違いがあります。しかし、血液が流れが悪くなるという点は共通しています

それでは4種類のEDと原因を見ていきましょう。

機能性EDとは?

機能性EDは、精神的な問題から引き起こされるEDです。心因性EDとも呼ばれています。

セックスに対する過度な緊張や不安などが原因となって引き起こされます。
セックスの経験が少ない男性に起こりやすく、若い男性がEDになる場合、多くの方が機能性EDに当てはまります。

機能性EDは、セックスに慣れると自然に解消されることがあります。
精神の状態によって発症したり解消されるため、機能性EDを軽いEDのように思う方もいます。
しかし、軽いEDとは決して言えません。

機能性EDは、過去のトラウマ、潜在意識など自分の記憶にない、自分でも理解できない心の問題でも発生します。

原因となっている問題が自分でも理解できていれば治療、対処があります。
しかし、自分でも理解できない心の問題が原因となっている場合、解消はとても難しいです。

機能性EDは、目に見えない原因によって引き起こされるEDであるため、厄介なEDとも言えます。

器質性EDとは?

器質性EDは、男性器の障害や傷など直接的な問題が原因となるEDです。

動脈硬化、高血圧、糖尿病などの病気が原因となって勃起が起きづらくなります。

男性器が直接傷つく、神経系を傷つけるような病気により、勃起しなくなった場合も器質性EDにふくまれています。

加齢によって発症率が高まるため、高齢の男性に起こりやすいです。

血管に負担をあたえるような喫煙、過度な飲酒も器質性EDを引き起こす原因となります。

器質性EDの治療には、一時的に勃起をしやすくする対処療法が主に行われています。

薬剤性EDとは?

薬剤性EDは、治療薬の副作用によるEDです。

精神や血圧に働く治療薬の影響により勃起が起こりづらくなります。

薬剤性EDは、薬を飲むことをやめれば解消されます。
薬を飲む原因となっている病気の早めの治療を目指しましょう。

混合型EDとは?

混合型EDは、複数のEDが同時に発症している状態を示すEDです。
主に機能性EDと器質性EDが同時に発症している状態を示します。

器質性EDの精神的な苦痛が機能性EDを引き起こすといったように、EDの発症が別のEDの引き金となることもあります。

治療にはEDごとの原因を解消するか、勃起を起こしやすくする対処療法を行います。

ED治療は主に勃起を補助する治療薬を使います。

4種類のEDには、原因を取り除いて完治できる種類もあります。
しかし、原因がわからなかったり、取り除けないことから元から完全に治すことが難しいといえます。
そのため、EDの治療は主に、勃起を補助する治療薬を飲む対処療法が一番優先的に行われています

対処療法に使われている治療薬は、PDE5阻害薬と呼ばれる分類の薬です。

血管を狭くする酵素の働きを邪魔して勃起を起こりやすく長く続くようにします。

代表的な治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。

それぞれに優れた特徴があります。バイアグラなら豊富な実績、レビトラなら即効性の高さ、シアリスなら持続時間の長さが特徴です。

自分に合ったED治療薬を使って早めの解消を目指していきましょう。

ページの先頭へ