サイト名

レビトラと食事の関係。効かない理由は食べ過ぎにある?

レビトラ含むED治療薬の効果は、食事の有無と密接な関係があると知られています。

ED治療薬と言えばファイザー社が販売しているバイアグラが有名です。
バイアグラにも効果の強さ、発現時間が食事に左右されるという欠点があります。

バイアグラの効果を確実に得るには、空腹時に使わなければなりません。
しかし、バイアグラを空腹時に使わなければならないというルールは、EDに対する使用感に大きく影響します。

販売元のファイザー社によれば約60%程度効き目が弱まる可能性があるそうです。

バイアグラに対する食事の影響は想像以上に大きいです。

レビトラはバイアグラの食事による扱いづらさを解消するために開発されました。

レビトラは決められた量までなら食事の後に使っても十分な効き目を発揮します。

このページではレビトラと食事の関係について解説します。

レビトラが食事に影響されづらい理由は?

レビトラが食事によって効き目が左右されづらいのは、有効成分が身体に吸収されやすいからです。

ED治療薬の効き目が食事に影響されるのは、有効成分が身体に吸収されづらくなることが関係しています。

飲みこんだED治療薬は胃、腸など消化器官から吸収されます。
空腹時なら問題なく吸収されて効果を発揮します。しかし、食後に使うと、食事に使われている油分が消化器官に膜を作り、有効成分の吸収を邪魔します。

邪魔されると有効成分の吸収量が減ってしまい、効くまでの時間が長くなったり、効き目が弱くなります。

有効成分の吸収されやすさは、ED治療薬の効き目に大きく関係する要素です。

レビトラに使われている有効成分「バルデナフィル塩酸塩」はとても身体に吸収されやすい成分です。
使ってから約30分が過ぎるころには、バルデナフィルが身体に一番吸収された状態である「最高血中濃度」に届きます。

バイアグラが最高血中濃度に届くには、使ってから約1時間ほどの時間が必要です。
レビトラはバイアグラと比べてとても吸収力が高いED治療薬と言えます。

ただ、レビトラがとても吸収されやすいからと言って、食事によって全く効き目が左右されないわけではありません。

レビトラが十分な効果を発揮するには、標準的な量よりも少なくする必要があります。

標準的な食事はどれぐらいの量?

レビトラが十分な効果を発揮するには、標準的な量よりも少ない食事に抑える必要があります。

ただ、標準的な量の食事と言われても、年齢や体型、運動量などによって個人差があり、はっきり想像することはできません。

いったいどの量の食事であればレビトラは十分な量を発揮できるのでしょうか?

開発元のバイエル社によると標準的な量の食事とは、1食に含まれた脂質の量が約30%より少ない食事を指すそうです。

脂質の量を指標として提示していることから、少しカロリーが高めでも脂質が少なければ十分な効果が期待できそうです。

レビトラを食後に使うときは、可能な限り脂質をとりすぎないように食べるのがいいでしょう。

レビトラの食事に影響されない使い方。

レビトラを食事の有無に影響されず使いたい時は、食事の前に飲んでおくといいです。

レビトラは、効き目が続く時間がそこそこ長いED治療薬です。
個人差はあるものの10mg錠なら約5時間、20mg錠なら約8時間ほど効果が続きます

レビトラが食事に影響されるのは、成分の吸収が邪魔されるからです。
食事の前に飲んでおき、レビトラの効果が効いている状態になれば、その後いくら飲み食いしてもレビトラが効かなくなることはありません。

そのため、レビトラを事前に使うことで食事に影響されづ使うことができます。

レビトラは最速15分ほどで勃起が発現しやすくなります。
十分な量が吸収されるまでには、約30分ほど時間が必要なるため、食事の30分前までに飲んでおくのがいいでしょう。

レビトラと食事に関する注意点。

レビトラと柑橘類を一緒に食さない

レビトラを使う時の注意には、柑橘類製品と一緒に食べてはいけません。
グレープフルーツが代表的な例としてよくとりあげられています。

柑橘類には、身体に吸収されたレビトラの分解を邪魔する酵素が含まれています

レビトラを使っているあいだに柑橘類を食べてしまうと、有効成分が身体に残りつづけて副作用が強くあらわれる可能性があります。

レビトラの使い方には、他の治療薬との併用に関する注意が決められています。
併用注意薬の中には、レビトラの分解を邪魔する成分を含んだ治療薬もあります。

柑橘類にも同様の危険性が考えられます。
レビトラを使うときは、柑橘類をふくんだジュースや食品を食べないようにしましょう。

レビトラ服用中のアルコールは少なめに

レビトラには、レビトラが効いているあいだのアルコールの摂取に注意がありません。
アルコールがレビトラの効果を弱めないため、問題なく飲めるといわれています。

ですが、一般的にアルコールは抑えめにしておくことが推奨されています。

アルコールにレビトラの効果を弱める働きはありません。しかし、勃起自体を起きづらくする働きはあるのです。

アルコールを飲むと自律神経に影響し、性的な刺激が男性器に伝わりづらくなります。
その結果、レビトラを飲んでいても勃起が起こらなくなってしまいます。

アルコールは少量ならリラックス効果によって勃起を手助けしてくれます。
しかし、大量に飲みすぎると勃起を邪魔してしまうため、少量に抑えておくのがいいと言われています。

レビトラは食前後どちらでも使えるED治療薬です。

レビトラはすばやい効き目と長めな持続時間をもつED治療薬です。

飲んでから短い時間でも十分な効き目を得られ、軽い食事なら食後であっても十分な勃起が起こります。
食前後どちらでも使えるため、優れた対応力を持っています。

女性とセックスする機会は、突然訪れることが多いです。

関係が深い相手なら事前に予測してED治療薬を飲んでおくこともできます。
しかし、行動を完全にコントールすることは難しいです。

折角セックスする機会がきたのに、食事をたくさん食べていたり効くまでに時間がかかって勃起しなかったら目も当てられません。

そんないざという機会に強いのがレビトラです。

レビトラはすばやく効くのでホテルへ移動する時間でも十分な勃起が起こるようになります。

食事中にいけそうな雰囲気になった時は、その後の食べる量を調整しておけば問題なく使えます。

さまざま場面、状況に対応できる応用力の高さは、レビトラがもっとも優れている点だと言えます。

仮に私生活が忙しく病院に行ってレビトラを買う時間が作れなくても、レビトラジェネリックなら特定通販サイトでも買うことができます。

レビトラの優れた応用力を使ってセックスの満足感をより高めていきましょう。

ページの先頭へ