サイト名

バイアグラジェネリックの通販【格安ED治療薬】をネット購入

このサイトはバイアグラジェネリックの中でも【通販でしか買ないバイアグラジェネリック】に的を絞り、購入する前に知っておきたい情報を紹介します。
このページでバイアグラジェネリックの基本情報を押さえた後に、【通販でしか買えないバイアグラジェネリックの種類と最安値一覧】からそれぞれの薬を見比べることをおすすめいたします。

初めてED治療薬を試したいと検討中の方、他のED治療薬からバイアグラジェネリックに移行したいとお考えの方は、ぜひ検討材料のひとつとしてこのサイトをお役立てください。

バイアグラジェネリックは、バイアグラと同程度の効果を持ちながら、安価に利用できるED治療薬です。
バイアグラジェネリックが安価な理由を、本当は効果が薄い、または、品質が粗悪だからではないかと思われる方もいらっしゃいますが、薬の開発費が先発薬ほどかからないことが安い理由です。

バイアグラジェネリックの中でも、特に安価に使用できる薬はインドをはじめとした日本国外で製造されているバイアグラジェネリックです。
ですが、それらの安価に利用できるバイアグラジェネリックは、日本では未承認薬に分類されているため、取り扱い自体がなく、購入方法は海外からの通販のみです。

通販でしか買えないバイアグラジェネリックはバイアグラを元に製作された薬であるため、含有する有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルです。シルデナフィルはED治療薬の中で最も歴史のある有効成分であり、人体投与の実績が豊富です。シルデナフィルはその信頼性の高さから多くの方に選ばれています。
先発薬であるバイアグラだけでも、1998年にアメリカで発売されて以来、世界で3,500万人以上に使用されています。

有効成分シルデナフィルのEDに対する有効性は、バイアグラの臨床試験時に証明されています。欧州(英国、フランス、スウェーデン)で3か月以上EDを有する患者を対象に行われた52週に及ぶ長期投与試験では、87.7%(292名中256名)という高い割合で勃起の改善が認められました。

通販でしか買えないバイアグラジェネリックの生産国が主にインドである理由は、インドに医薬品の製法のみ特許を認め、物質特許を認めないという特許法があったためです。インドではこの特許法により、製造方法さえ新たに開発すれば、国際特許が切れる前からジェネリック品の製作が合法的に可能でした。

2005年にインドの特許法は改正され、物質特許を導入しています。インド産のジェネリックは、法改正後も、特許権を持つ製薬会社へ費用を払うことを条件に、引き続き製造することが認められています。

このように、インド産のバイアグラジェネリックは法律にのっとり製造されていましたが、国際的みればバイアグラの特許期間中に製造・販売していた薬であるため日本では正式なバイアグラジェネリックとしては認められていません。

そのため、病院やドラッグストアではインド産のバイアグラジェネリックの取り扱いはありません。Amazonや楽天をはじめとした国内の通販でも購入することができません。

インド産のバイアグラジェネリックはインド国内では承認されている薬です。インド産のバイアグラジェネリックが未承認な理由は、インド産の医薬品の品質が粗悪であるからではなく、独自の特許法により早期からジェネリック品の製造が可能であったことが深く関係しています。

通販でしか買えないバイアグラジェネリックは、個人輸入(外国からの通販)で購入することができます。個人輸入は、自分自身に使用することを目的に、海外から直接商品を購入することをいいます。そのため、他人への譲渡や販売はできない点に注意が必要です。

また、バイアグラジェネリックは、処方箋医薬品に分類されます。処方箋医薬品は、個人輸入の決まりで、1か月分までの量が通販可能です。1か月分以内の通販であれば、処方箋の必要もありません。

個人輸入と聞くと、難しそうなイメージを持つかもしれません。ですが、通販でしか買えないバイアグラジェネリックは、日本語に対応している個人輸入代行サイトを利用して購入するのが一般的です。ユーザーは普段の通販とあまり変わらない感覚で購入できます。

個人輸入代行は個人輸入に求められる、外国語の対応や、手続きを代わりに行ってくれるサービスです。
ユーザーが感じる国内通販と最も異なる点は、代金引換が利用できないという点です。少なくとも、大手の代行サイトで代引きに対応しているところはありません。

もしも、クレジットカード払いに抵抗があり、代引きをしたいとお考えの方は、銀行振り込みやコンビニ決済を利用することをおすすめします。
その際には、全ての代行サイトが銀行振り込みやコンビニ決済に対応しているわけではありませんので、対応しているサイトを選択する必要があります。

代引きは利用できませんが、代行サイトによっては郵便局留めを利用できるサイトがあります。ED治療薬の通販をご家族や、パートナーになるべく悟られたくないという方は、代行サイトを選択する際に、郵便局留めの利用が可能かどうかを基準のひとつにするのもいいでしょう。

バイアグラジェネリックは陰茎の勃起を促進・維持させる効果を持っています。バイアグラジェネリックには性欲増強効果がないため、勃起を起こすには、勃起のそもそものきっかけである性的刺激を得る必要があります。
飲めば作用時間中勃ち続けるわけではありません。ですが、射精後であっても性的刺激さえ感じることができれば、薬の作用時間中は何度も勃起を復活させることが可能です。

バイアグラ、バイアグラジェネリックをはじめとしたED治療薬の内服は、ED治療に第一選択される手段です。
ED治療薬が開発される前は、プロスタグランジンE1などの血管を拡張させる成分を陰茎海綿体へ注射し勃起を促す方法や、陰圧式勃起補助具を用いてポンプで強制的に陰茎へ血液を集め、ゴムバンドで血流を止める方法が用いられていました。

注射の場合は、痛みをともなうこと、医師によって行われる治療であること、さらには、持続時間が2~3時間程しかないことがネックとなっていました。陰圧式勃起補助具の場合は、勃起の持続力に難がありました。
ED治療薬が開発されてからは、その手軽さ、有効性、安全性の面からも考えてED治療に最も選ばれています。

EDは、満足いく勃起が得られない状態のことをいいます。完全に勃たない状態だけではなく、硬さが弱くなったり、維持できる時間が短い、中折れしてしまうなどの症状も含まれます。

EDは原因別に3つに分類することができます。精神的な原因を持つEDを心因性EDといい、血管や神経など体に原因を持つEDを器質性EDといいます。どちらの要素も併せ持ったEDは混合性EDと呼ばれます。
シルデナフィルの血管拡張作用は、上記した原因の異なるいずれのEDにも一定の改善効果を発揮します。

また、心因性EDにおいては、「勃たなかったらどうしよう」という精神的負荷を、ED治療薬を飲用することにより「飲んだから大丈夫」と精神的負荷を軽くする役割も期待できます。

通販でしか買えないバイアグラジェネリックの有効成分であるシルデナフィルは、PDE5という勃起をしずめる物質を選択的に阻害し、勃起しやすい体内環境を作り出します。

勃起が起こる際に体内では、性的刺激をきっかけにNO(一酸化窒素)が放出され、cGMP(環状グアノシン一リン酸)が生産されます。
cGMPという物質は、陰茎内の勃起に関わる動脈(海綿状動脈とラセン動脈)と、陰茎海綿体の筋肉を緩ませます。すると、陰茎海綿体に大量の血液が流れ込みます。拡張した海綿体によって静脈が圧迫され、陰茎内から血液の流出を制限することにより、勃起は維持されます。

射精後など性的興奮がおさまった際に勃起が収束するのは、陰茎内のcGMPがPDE5により分解されるためです。

有効成分シルデナフィルは、PDE5を阻害する物質です。勃起を収束させるPDE5を抑え、血管拡張を促すcGMPの濃度を結果的に高めることにより、勃起を促進・維持しやすい体内環境を作り出しています。

下記の表は、通販でしか買えないバイアグラジェネリックの先発薬であるバイアグラの臨床試験の結果です。先に紹介した臨床試験は欧州の長期試験の結果でしたが、こちらは日本国内においてED患者245名を対象に行われた試験結果です。用量別のED改善効果の違いが読み取れます。

試験の結果から、50mg以上のシルデナフィルを摂取してもED改善効果は増大していないことがわかります。
日本人の体格では50mgで充分な効果を発揮するとされており、50mg以上服用すると過剰摂取となる可能性があります。

シルデナフィル25mgを服用したグループ シルデナフィル50mgを服用したグループ シルデナフィル100mgを服用したグループ
ED改善を感じた人の割合 58.3% 72.4% 72.3%

通販でしか買えないバイアグラジェネリックの有効成分であるシルデナフィルは体内に入ってから、腸で吸収され、おおよそ30分で効きはじめます。

有効成分は徐々に体内に吸収されていき、飲用から約1時間で効果がピークを迎えます。これは、通販でしか買えないバイアグラジェネリックの先発薬であるバイアグラの臨床試験でも検証されており、最高血中濃度到達時間(Tmax)は0.8時間~0.9時間となっています。

Tmaxは血液中に吸収された成分の濃度が最も高くなるまでにかかる時間を表しています。薬は、胃に入ってから、腸で吸収され、血液に入り、血液を介して患部に運ばれ効果を発揮します。そのため、Tmaxの値は薬効がピークを迎えるまでにかかる時間の指標になります。

バイアグラジェネリックは飲用してから5時間にわたり勃起の促進・維持をサポートします。

薬効は5時間の間、一定の力で続くわけではありません。血液中に入った有効成分は、肝臓や腎臓を通過する際に徐々に代謝・排出されていき、効き目が少なくなっていきます。

血液中の成分の濃度がピークを迎え、濃度が半分になるまでの時間を半減期(T1/2)と呼びます。
先発薬であるバイアグラの臨床試験では、シルデナフィル50mg錠を健康成人男性20名の方が水で服用した場合、T1/2は平均2.06時間とされています。服用から約2時間経過した時点で体内の有効成分は半分の50%になり、さらに2時間経過した頃には50%からの半分である25%の成分が体内に残る計算になります。

このように、薬効はピークから徐々に少なくなります。それでも約5時間は充分に勃起をサポートするだけの有効成分が体内に留まります。

バイアグラジェネリックを服用するタイミングは、性行為の1時間前です。成分が確実に体内へ吸収され、最も薬効が発揮されるのが服用から1時間後にあたるためです。

また、バイアグラジェネリックは、食前に飲用することで、効果を最大限に発揮します。

代表的なED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスを比較すると、先発薬であるバイアグラは素早く効き、冗長に薬効は発揮せず約5時間効果を持続してから体から迅速に排出されるという特徴を持っています。
慣れてしまえば使いやすい薬であるといえるのですが、上記の3つのED治療薬の中で比較すると、デメリットとして、最も食事の影響が出やすいことがあげられます。

有効成分のシルデナフィルは、胃に入って吸収されやすい形に変わり、小腸から体内に入っていきます。 食事をした後の腸内は、料理に含まれる油分により油膜が張られます。シルデナフィルは、油を通過しづらいという特徴を持っており、食後に服用しても、腸壁の油膜を通過できずにそのまま体外へと排出されてしまうことが考えられます。

バイアグラや通販でしか買えないバイアグラジェネリックなどのシルデナフィル錠を使用しても効果を実感できない場合は、食後に飲用していることがほとんどの原因であるとされています。シルデナフィル錠は食前に飲用をすることで最も効果を発揮することを留意しておきましょう。

どうしても食後の服用が避けられない場合は、食事のメニューは油の少ないものを選択しましょう。さらに、食事から2時間以上経過してから薬を飲用することである程度の効果が期待できます。

また、揚げ物やラーメンなど油の多い食事をとった後は、腸内の油膜が6時間~7時間とれないままのこともあります。空腹を感じていても、油分の影響を受け、充分な効果が得られないことが考えられます。
シルデナフィル錠を飲用する予定がある場合は、直前の食事の内容にも気を付ける必要があります。

バイアグラや通販でしか買えないバイアグラジェネリックなどのシルデナフィル錠は通常50mgを1日1回までの服用になっています。
海外では100mgのシルデナフィル錠の認可もされており、海外から通販(個人輸入)で購入することが可能ですが、そのまま使用してしまうと日本人の体格では過剰摂取となる可能性があります。ピルカッターなどで半錠に割ってから服用しましょう。

また、通販でしか買えないバイアグラジェネリックは服用してから次に服用するまでの間隔を24時間以上設けてください。体内に成分が残っている状態で新たに薬を飲んでしまうと強い副作用を起こしてしまう場合があります。

誤った飲み方の例として、効果を実感できなかった際に間隔を設けずに薬を追加することがあげられます。

バイアグラジェネリックのような、必要な時にだけ、または、症状が出た時にだけ飲用する薬を頓服薬(とんぷくやく)といいます。頓服薬は1回の服用で充分な効果を発揮するように作られています。

一方で、体内に有効成分が残っている段階で継続的に薬を服用し、効果を発揮する類の薬も存在します。 それらは、体内に残っている成分に加えてさらに薬効を上乗せすることにより、定常状態という血中濃度が安定し薬が確実な効果を出せる状態にすることを想定し作られている薬です。

バイアグラや通販でしか買えないバイアグラジェネリックなどのシルデナフィル錠は有効成分が体内に残っている状態の服用を想定して作らていません。24時間の間隔を設けずに服用してしまうと、過剰摂取により思わぬ副作用に見舞われる場合があります。

バイアグラジェネリックは通常50mgで充分な効果を発揮しますが、高齢者の方(65歳以上)、肝障害のある方、重度の腎障害のある方は低用量(25mg)の服用で充分なED改善効果を得られる場合があります。

必要以上の有効成分を摂取してしまうと、強い副作用が発現する恐れがあるため、高齢者の方、肝障害のある方、重度の腎障害のある方は低用量から慎重に服用を開始しましょう。

上記の条件の方々は、薬物代謝機能が低下している可能性が考えられます。薬は主に肝臓で代謝され、腎臓で尿と共に排泄されます。この2つの機能が低下している場合は、長時間体の中に薬の成分が残ってしまい、強い副作用に見舞われる可能性があります。

加齢とともに、肝機能と腎機能は低下していきます。先発薬バイアグラの臨床試験の結果では、高齢者の方(65歳以上)15名と健康若年者の方(18歳~45歳)15名にシルデナフィル錠50mgを投与したところ、高齢者の方は最高血漿中濃度(Cmax)の平均値が302.5ng/mLであり、若年者の方は平均値が178.2ng/mLであったというデータがあります。
高齢者の方は若年者の方よりも、60%~70%成分を多く吸収していることになります。

肝障害のある方も高齢者の方同様、最高血漿中濃度が増加することが認められています。先発薬バイアグラの臨床試験では、健康成人12名の方と肝機能障害患者12名の方を対象にシルデナフィル錠50mgを投与した結果、健康成人の方の最高血漿中濃度が平均155ng/mLに対し、肝障害のある方の最高血漿中濃度は平均228ng/mLでした。
肝機能障害患者の方の最高血漿中濃度は健康成人の方と比べ約47%の増加がみられました。

重度の腎機能障害(Ccr<30mL/min)の方も最高血漿中濃度の増加がみられます。
健康成人の方8名と、軽度から重度の腎機能障害の方16名を対象にシルデナフィル錠50mgを投与したバイアグラの臨床試験では、軽度の腎障害(Ccr=50~80mL/min)の方、および、中度の腎障害の方(Ccr=30~49mL/min)には最高血漿中濃度の変化は健康成人の方と比べてもほとんどみられませんでした。

重度の腎障害の方は最高血漿中濃度が464ng/mLとなっており、健康成人の方の最高血漿中濃度が246ng/mLであるため、重度の腎障害の方は健康成人の方と同量のシルデナフィルを服用した際には、約2倍の成分を体内に吸収してしまうことになります。

上記のようなバイアグラの臨床試験の結果から、高齢者の方、肝障害のある方、重度の腎障害のある方は、必要以上に有効成分が体に残ってしまうため、低用量から慎重に服用を開始することが推奨されています。

バイアグラジェネリックを服用した際の代表的な副作用は以下の症状です。

【ほてり・潮紅・頭痛】

これらは、先発薬のバイアグラの臨床試験時に1%以上の割合で発現した、最も起こりやすい副作用です。
シルデナフィルの持つPDE5阻害作用は主に陰茎部分で働きます。それは、陰茎海綿体に特に多くPDE5が存在するためです。しかし、PDE5は他の臓器にも存在するため、陰茎以外でも薬効が作用することがあります。

血管の平滑筋にもPDE5が存在しています。平滑筋は、収縮と弛緩を行い血管の血管径を調節している筋肉です。

顔のほてり、潮紅は顔面の血管拡張により発現します。顔面の血管にある平滑筋がPDE5阻害作用により弛緩し拡張した結果、温度上昇を感じほてりを自覚します。

潮紅は、普段は細くて皮膚から見えない血管が拡張し皮膚から透け、赤みがかって見える状態のことをいいます。

先発薬バイアグラの臨床試験時に、0.1~1%未満の割合で発現が見られた副作用は下記の通りです。

【胸痛・動悸・頻脈・めまい・傾眠・昏迷・AST増加・悪心・胃腸障害・口渇・消化不良・腹痛・鼻炎・関節痛・筋肉痛・発疹・眼充血・結膜炎・彩視症・視覚障害・CK増加、・疼痛・熱感】

これらの副作用も血管拡張作用や、血管拡張にともなって起る血圧低下などが原因であることがほとんどです。陰茎以外にあるPDE5を阻害し発現しています。

また、シルデナフィル錠には、0.1%以下の低い割合で起こる副作用も存在するため、上記した症状が、バイアグラジェネリックの服用後に起こり得る全ての副作用というわけではありません。上記以外の副作用があらわれ、症状が気になるという場合は医師へ相談しましょう。

バイアグラジェネリックの副作用は、PDE5阻害作用により発現するため薬の作用時間が過ぎてしまえば症状もおさまることがほとんどです。

もしも、副作用がつらく耐えがたい場合の対処方法には、症状に合わせた市販薬の使用が有効です。バイアグラジェネリック服用後にあらわれた頭痛を和らげたい場合、市販されている頭痛薬を併用することが可能です。
胸焼けが発現しつらい場合は、胃腸薬を飲用して対処しても問題ありません。

ED治療薬と市販薬を併用することに抵抗のある方もいらっしゃると思いますが、頭痛・胃腸薬は併用禁忌薬、併用注意薬に指定されていないため一緒に使用することができます。

その他の副作用の対処法として、次回以降の服用量を少なくすることがあげられます。バイアグラジェネリックは、用量を少なくすることで副作用も小さく抑えることができます。

持続勃起症が発現した場合は、早急に医療機関の診察を受ける必要があります。持続勃起症とは、痛みを伴うほどの硬い勃起が4時間以上続いている状態をいいます。痛みをともなうほどの硬い勃起は陰茎部の血液循環が行われていない状態です。6時間を経過した頃から細胞の死滅が始まります。
持続勃起症の原因のひとつとして、ED治療薬の過剰摂取があげられます。

また、痛みをともなわない不完全な勃起は、陰茎部に血液の循環があるため4時間以上続いても多くの場合緊急性はありません。

片目、または、両目の視力の低下を感じた場合も、早急に医師の診察を受けましょう。
海外において稀に、先発薬バイアグラを使用し、非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)を発現したという報告があります。NAIONは視力の低下・失明の原因となり得る疾患です。

しかし、報告のあったNAIONの発現がみられた患者の多くが喫煙、年齢50歳以上、糖尿病、高血圧、冠動脈障害、高脂血症などのNAIONの危険因子を有しており、先発薬バイアグラとの因果関係は明らかにはなっていません。

海外で今までに38例の視力障害が報告されています。バイアグラが全世界で3,500万人以上に使用されていることから考えると、発生率は低く感じてしまいますが、もしも症状があらわれた際に迅速な対応が行えるよう、視力低下・喪失の可能性については把握しておきましょう。

バイアグラジェネリックは全ての方が使用可能な薬ではありません。下記の条件に当てはまる方は使用禁忌になっています。

以前シルデナフィルを服用しアレルギー症状(過敏症)を起こしたことのある方
かゆみ、眼瞼瘙痒感、発疹は過敏反応のひとつとされています。シルデナフィル服用後にこれらの症状があらわれたことのある方は使用禁忌となっています。
心血管系の障害をお持ちの方で医師に性行為が不適当であると診断された方
性行為は心血管に負担をかけるため、バイアグラの臨床試験時に心血管系の障害をお持ちの方は対象から除外となっています。安全性の確認はされていません。
肝硬変などの重度の肝障害の方
有効成分の排出の遅延がみられるため禁忌となっています。
低血圧の方(最高血圧90mmHg未満もしくは最低血圧50mmHg未満)
バイアグラの臨床試験に上記の数値の方は試験が除外されており、安全性が確保されておらず禁忌となっています。
高血圧の方(最高血圧170mmHg以上もしくは最低血圧100mmHg以上)
バイアグラの臨床試験に上記の数値の方は試験が除外されており、安全性が確保されておらず禁忌となっています。
脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を6か月以内に起こしたことのある方
脳血管障害後は、血圧降下した際に脳循環低下を起こす可能性があるため禁忌となっています。
心筋梗塞の患者の方は、性交が及ぼす心臓へのリスクを考慮し禁忌となっています。
網膜色素変性症患者の方
シルデナフィルにはPDE5を阻害する1/10程度の効力でPDE6も阻害する作用があり、網膜色素変性症へ悪影響を及ぼす可能性があるため禁忌となっています。

飲み合わせてはいけない薬を併用禁忌薬といいます。使用禁忌の条件の方と同様、併用禁忌薬を使用中の方もバイアグラジェネリックを使用することはできません。
バイアグラジェネリックの併用禁忌薬は下記の通りです。

硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリンなど)は狭心症の治療薬として使用される薬です。先発薬であるバイアグラと飲み合わせたことにより、血圧が大幅に低下し死亡した例が国内外で報告されています。そのため、狭心症の薬については特に警戒が必要です。
通販でしか買えないバイアグラアジェネリックもシルデナフィルを有効成分としているため、硝酸剤及びNO供与剤との併用は厳禁です。

アミオダロン塩酸塩は、シルデナフィル錠と併用することで心臓の電気的興奮時間を乱れさせる可能性があるため併用禁忌薬となっています。
sGC刺激剤は血管拡張作用を持っており、血圧低下効果の増大の可能性があるため併用禁忌です。

下記に述べる条件に当てはまる方は、バイアグラジェネリックの使用に注意が必要です。

陰茎へ屈曲など構造上の欠陥がある方
痛みをともなう恐れがあります。
鎌状赤血球性貧血や白血病などの持続勃起症の原因となり得る疾患をお持ちの方
持続勃起症(4時間以上の痛みをともなうほどの硬い勃起)が発現した際には早急に医師の診断を受ける必要があるため注意しておく必要があります。
他のED治療薬を使用中の方
併用することに対する安全性の検証はされていないため注意が必要です。
薬物代謝機能低下の可能性がある高齢者の方、肝障害のある方、重度の腎障害のある方
薬効が強く出る可能性があるため、低用量(25mg)から慎重に投与を開始する必要があります。
多系統萎縮症の方
外国で行われたバイアグラの臨床試験時に重度の血圧低下が認められているため注意が必要です。

飲み合わせに注意が必要な薬を併用注意薬といいます。併用注意は、重大な相互作用を起こす可能性が低いため軽視されてしまいがちですが、併用することにより薬効が不安定になるためしっかり押さえておくべき知識だといえます。
バイアグラジェネリックの併用注意薬は下記の通りです。

CYP3A4は薬物代謝に関わる物質です。CYP3A4阻害薬を使用中にバイアグラジェネリックを併用した場合、通常より薬物代謝が行われず、薬効が出すぎてしまう可能性があります。強い副作用に注意が必要です。
CYP3A4誘導薬との併用は、有効成分を代謝し過ぎることによって充分な効果が得られない可能性があります。

降圧剤、a遮断剤、カルペリチドは血圧を下げる効果があります。併用は禁止されていませんが、降圧作用増大の可能性があるため注意が必要です。

グレープフルーツは、薬物代謝に関わるCYP3A4を阻害するフラノクマリンという成分を含んでおり、一時的に薬物代謝機能を低下させます。

体内のCYP3A4が新しくなるまでに3~4日を必要とするためその間は、代謝が遅れ、薬の有効成分を過度に吸収することが考えられます。バイアグラジェネリックとの飲み合わせは避けた方がいいでしょう。もしも、飲み合わせてしまった場合は、強い副作用に注意が必要です。

また、フラノクマリンを含む食べ物はグレープフルーツだけではありません。代表的なところでは「甘夏みかん、ダイダイ、スウィーティー、サワーオレンジ、ハッサク」などの柑橘類にも含まれることがわかっています。

なお、全ての柑橘類にフラノクマリンが含まれている訳ではなく、「レモン、カボス、柚子、すだち、デコポン」などには含まれておりませんので、それらは摂取しても問題ありません。

下記の3つの表は、通販でしか買えないバイアグラジェネリックの種類一覧と、まとめ買い割引適用後の1か月分の価格です。カッコの中は割引適用後の1錠あたりの価格になっています。

通販でしか買えないバイアグラジェネリックは代行サイトのまとめ買い割引を利用することで、より安価に購入することが可能です。まとめ買いの割引率は、なるべく1度にまとめて通販することで大きくなる傾向があります。
そのため、バイアグラジェネリックを最安で利用したい場合は、個人輸入の最大注文数である1か月分を、代行サイトのまとめ買い割引を利用し通販するといいでしょう。

通販でしか買えない男性用バイアグラジェネリックの1か月分の注文価格(1錠あたりの単価)
100mg 50mg 25mg
ゼネグラ 2,482円(103円)
ビゴラ 3,211円(114円)
ベガ 3,382円(120円)
カマグラゴールド 4,065円(145円) 3,723円(132円)
ペネグラ 4,748円(169円)
シラグラ 4,954円(176円) 在庫切れ
スハグラ 5,454円(194円) 4,703円(167円) 3,703円(132円)
カベルタ 6,257円(260円) 4,685円(195円)
シログラ 7,455円(266円)

※商品名をクリックすると、それぞれの詳細情報のページへ移動します。

バイアグラジェネリックの中には錠剤だけではなく、ゼリー状、発泡錠など飲みやすい剤形をしているものがあります。
剤形の異なるバイアグラジェネリックの価格は下記の通りです。

剤形の異なる通販でしか買えない男性用バイアグラジェネリックの1か月分の注文価格(1錠あたりの単価)
100mg 50mg 25mg
カマグラチュアブル 4,065円(145円)
カマグラ発泡錠 4,594円(218円)
カマグラオーラルゼリー 4,999円(238円)
通販でしか買えない女性用バイアグラジェネリックの1か月分の注文価格(1錠あたりの単価)
100mg 50mg 25mg
ラブグラ 4,954円(176円)
マレグラPRO 6,297円(209円)

通販でしか買えないバイアグラジェネリックは、全製品共通で、なるべくまとめて注文した方が割引率が高くなるのですが、中には注文数が多くなるほど、割引率が顕著に高くなる製品があります。

例えば、50mgのバイアグラジェネリックを購入する場合、1箱~2箱を通販するのであればスハグラが最安値ですが、3箱以上を通販する場合はカマグラゴールドが最安になる、といったことが起こります。

下記の表に1度に通販する量別に最安値をまとめました。

1箱4錠入りバイアグラジェネリックの通販する量別最安値
100mg 50mg
1箱(4錠) ビゴラ スハグラ
2箱(8錠) ビゴラ
※1箱8錠入りを
含めるとゼネグラ
スハグラ
3箱(12錠) ビゴラ カマグラゴールド
5箱(20錠) ビゴラ カマグラゴールド
7箱(28錠) ビゴラ カマグラゴールド

1箱4錠入りバイアグラジェネリックの100mg錠を通販する場合、1箱~最大7箱のまとめ買い時までビゴラが最安です。

バイアグラジェネリックの1箱の一般的な内容量は4錠ですが、中には1箱8錠入りのタイプもあります。1箱8錠入りのバイアグラジェネリックはゼネグラの100mgと、カベルタの100mgと50mgです。特にゼネグラはコストパフォーマンスが優れている製品ですので、最安値を検討する際に1箱4錠入りの製品と比較する必要があります。

1箱8錠入りのバイアグラジェネリックは、8錠と16錠と24錠の時しか1錠あたりの値段がわかりませんので、1箱4錠入りの薬とは比較するのがなかなか困難です。
しかし、ゼネグラ(1箱8錠入り)1か月分24錠の1錠あたりの値段は103円となっており、ビゴラ(1箱4錠入り)1か月分28錠が1錠あたり114円となっています。

本来であれば、多く注文した28錠のビゴラの方が安くなるはずですが、24錠のゼネグラの方が安くなっているため、1か月分注文時の最安値はゼネグラということになります。

さらに、割引が適応されていないゼネグラ1箱8錠と、割引が適応されているビゴラ2箱8錠の1錠あたりの価格を比較しても、ゼネグラの方が安くなっています(ゼネグラ235円に対してビゴラ282円)。8錠以上を購入する際もゼネグラが最安だといえます。

一般的な内容量である1箱4錠入りバイアグラジェネリックと、1箱8錠入りバイアグラジェネリックを合わせた、通販する量別の最安値は下記の通りです。

1箱4錠入りと8錠入りを合わせたバイアグラジェネリックの通販する量別最安値まとめ
100mgを4錠注文時の最安 ビゴラ
100mgを8錠以上注文時の最安 ゼネグラ
50mgを4~8錠注文時の最安 スハグラ
50mgを12錠以上注文時の最安 カマグラゴールド

ED治療薬がどういうものなのか試してみたいという方、または、効果が同程度あるのならば、より安いものを使いたいと最安値でバイアグラジェネリックをお探しの方は、上記の最安値の表をお役立てください。

また、バイアグラジェネリック自体が、先発薬よりも大幅に値段が抑えられている薬です。バイアグラジェネリックは使用者と、薬の相性がED改善効果に大きく影響します。値段も大切ですが、何種類か使用してみて、自分に合ったバイアグラジェネリックを選択することが最も大切です。

なお、代行サイトによって割引サービスの内容は異なります。全ての代行サイトで上記の割引率が当てはまるわけではありませんのでご了承ください。このサイトの価格表は、個人輸入代行サイトのあんしん通販マート(クリックすると移動します)を参考に作成しました。

ページの先頭へ